Edyクレジットカード使う時の注意点

Edyクレジットカード使う時の注意点最近では現金の代わりになるEdyカードという電子マネーですが、このカードも普及してきていますが、このカードとクレジットカードを組み合わせると、ポイントを三重にも四重にも獲得する事が可能になります。

Edyカードはポイントサイトに無料登録して、ポイントを貯めて現金の代わりになるEdyポイントや、楽天スーパーポイントに交換するとコンビニやネットショッピングなどでも使えますが、ポイントサイトって若い人だけだと以前までは思っていましたが、最近では私のような専業主婦も結構はまってますね。

電子マネーの中でもポイントが貯まります。

ポイントサイトもいろいろありますが、わりと面白いですよ!

中には悪徳ポイントサイトなどもありますが、スポンサーサイトばかりに登録させるようなポイントサイトは成果ポイントが本当に獲得できるかどうか、わからないので内容をよく読んでからにしたほうがいいですが、そういうポイントサイトは信用性がないので辞めたほうがいいですね。

なるべくなら。ショッピングモールで買い物をしたりスゴロクなどのゲームなどでポイントが貯まるポイントサイトを選ぶことをオススメします。

電子マネーのEdyカードとクレジットカードを組み合わせれば、使えるショッピングモールもいろいろありますのでポイントが貯まりやすくてお得に使えますが、クレジットカードを携帯のオサイフ携帯に登録しても、お得にポイントが貯まるのでオススメですね!

これも面倒な手続きもなくて簡単にできます。

私のような機械音痴でもできるのですから、普通の人なら簡単にできると思いますよ(笑)、ポイントを二重三重に貯めるチャンスですね!

ポイントも自分の好きな物に代えることができます。

代表的なのは楽天スーパーポイントですが、航空券のマイルなどPontaポイントやTポイントやお店ならヤマダ電気やマツモトキヨシの店ですね~

私の住んでいる北海道では、サッポロドラッグストアーという名前ですが、値段も安いし食品なども売っていますが、種類も豊富で北海道のドラッグストアーの中ではいいお店だと思います。

あとは高速ですねネクスコの高速料金のポイントにも交換できますので、自分の用途に合わせて交換するのがオススメですね。

Edyクレジットカード使う時の注意点は、ポイントが加算されないところがあります、学校内の食堂や売店など、一部の自動販売機やアミューズメント施設内のゲーム機やチケット類です。

航空券や乗車券や金券やテレホンカードやプリペイドカードなどや、はがきや切手や印紙、あとは損害保険料や生命保険料や募金や車両代金などには、ポイントは加算されません。

それと楽天Edyで支払った後キャンセルや払い戻しをしたら加算されたポイントが取り消される場合もあります。

Edyカードを使う時の注意点はこれぐらいですが、オススメなのはやはり楽天Edyですね。

楽天のインターネットのショッピングモールでもポイントが貯まりやすいので、とても便利です。

楽天のショッピングモールは品揃えが豊富ですから、楽天Edyに登録すればキャンペーンなどがたくさんあってお徳みたです!

Edy300000万円分みんなで山分けキャンペーンもありますし、楽天カードにエントリーして新規入会で8000ポイントもらえます。

このポイントは必ずもらえます。

私も実際にもらいましたので安心して下さい(笑)。

楽天は、ポイントサイトキャンンペーンなどに応募してもポイントは必ずもらえます。

私も去年、保険会社に資料を請求して簡単なアンケートに答えただけで500ポイントもらえました。

凄いですね!

ですから安心しても大丈夫だと思います。

今の時代は現金を持っていると危険な世の中になりましたので、Edyカ-ドのような電子マネーが、近い将来は必要不可欠になるのではないでしょうか?

その時のためにも楽天Edyをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る