大学生クレジットカードの中で、多かったのは三井住友クレジットカードです

大学生クレジットカードの中で、多かったのは三井住友クレジットカードです私は北海道に住んでいて、以前は営業の仕事で札幌医科大学によく行き、そこでたくさんの大学生の人達とお話する機会がありました。

そこで学生さんに教えてもらったのが、大学生クレジットカードですが、とてもお得なクレジットカードだということを知りました。

札幌医科大学通称札医大と地元では呼ばれていますが、北海道大学と同じくらい優秀なので、北海道出身の人は一学年に一人いるかいないかというくらい少なくて、主に本州方面から親もとから離れて自立している学生さんや関西方面から来ている人が多かったのを覚えています。

18才の学生さん達はとてもしっかりしていたのには驚きました。

頑張って勉強すれば成績に応じて国から、奨学金制度も受けることもできるし大学生クレジットカードを上手に使いこなしていましたので苦学生などいません。

私が初めてクレジットカードを作ったのは30才の時会社の同僚がサイドビジネスで、クレジットカードの勧誘をしていたので仕方なく作りましたが、結局使いこなすことができなくて返しました。

ですが、学生さん達の知識は凄いと思いました、きちんとお得にポイントが貯まるように使いこなしていたのです。

その当時持っている大学生クレジットカードの中で、多かったのは三井住友クレジットカードです。

入会してから、3ヶ月間はポイントが5倍になってポイントがいつでも三井住友クレジットカードはいつでもポイントが2倍になるので大学生クレジットカードの中では一番良いので、このクレジットカードを選んだと話してくれました。

学生さん達は、家に固定電話を付けていないので、遠く離れた親と連絡をとるための唯一の手段は携帯電話しかなく、うっかり支払いを忘れないように、クレジットカードで支払うように設定していました。

三井住友クレジットカードでポイントを貯めて卒業旅行の足しにするんだ!ととても嬉しそうでした。

医者になるには大学6年と大学院2年インターン10年という長い試練があります、そんな中で希望を与えてくれる楽しみだったのでしょうね。

目標を持つ、学生さん達の目はキラキラ輝いていました。

もちろん上手に大学生クレジットカードを使いこなしていたので、多重債務などに追われることもないでしょう。

あれから10年経ちましたが、当時大学院生だった学生さん達は、当時のまま素直に人の話を受け入れて目をキラキラと輝かせながら、患者さんからしたわれる優秀なお医者さんになっていると私は思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る