ゴールドカードやプラチナカードの審査が通りやすくする方法は、実績を作っておくこと

ゴールドカードやプラチナカードの審査が通りやすくする方法は、実績を作っておくことゴールドカードやプラチナカードは、一般的なクレジットカードと比較しても特典が多くて魅力的です。

しかし、審査の基準が高いので、一般人にはなかなか手にできないカードといえます。

年会費もかかりますので、ゴールドカードはもとより、プラチナカードもなかなか手に入れられないクレジットカードでしたが、最近では審査の基準が下がってきているので、とても持ちやすくなっています。

これまでは、三井住友プラチナカードやプラチナアメリカンエキスプレスカードは、招待制が中心になっていましたが、申し込み制も増えてきたので、以前までと比較しても持ちやすくなってきています。

時代は変わりましたね。

ゴールドカードもプラチナカードも、最近ではエリートだけが持つカードではありません。

しかし、審査が通りにくいという不安があると思いますが、審査を通りやすくするには、基本的なことになりますが、実績を作っておくことが大切になります。

それは、毎年一定のクレジットカードの利用実績があることですが、もちろん支払いが滞ることがなければ、カード会社から優良顧客と評価されるので、特例になりますが審査がとおる場合もあります。

これには少なくても、一年以上の利用実績なども必要になります。

カード会社にしてみれば、たくさんカードを使ってくれる人には良いクレジットカードをオススメしたいわけですから、こういう点はお店と同じ考え方ですね。

利用額の目安は、最低でも年間でおよそ200万円~400万円の実績が必要になりますが、家賃など公共料金などをクレジットカード決済にすれば、条件は満たされる可能性もあります。

これも一つの方法ですが、毎月ショッピング限度額をぎりぎりまで使って、限度額を上げてもらうという方法もあります。

これには決まって日に、必ず支払いができている事が重要になります。

私のような専業主婦の場合は、公共料金や家賃や新聞購読料や保険料など、毎月必ず払わなければならないものをクレジットカード決済にしています。

そしてクレジットカードで買い物をすれば、5パーセント引きになる日などを利用しすれば条件は満たされます。

海外旅行に出かける事が多い人などは、すぐに条件に待たされると思いますよ。

クレジットカード会社に限度額を上げてもらって、クレジットカード会社の審査の基準はきちんと決められた通りに支払いをしているかが重要になるので、何度かこれを繰り返して実績を作っておいてから、今度はゴールドカードやプラチナカードに昇格したいと相談してみたら、比較的簡単に相談に応じてくれると思います。

私の経験から言いますと、実績を作っておくのは若い時から始めておいたほうがいいですね。

若い時の苦労は買ってでもしろという言葉がありますが、その通りだと思います。

若い時こそ信用や実績を作っていく大切な時期になります。

また若い時に努力した事や経験した事が、将来の生活が大きく左右してくると私は思います。

自己破産をすると、国が発行している刊報という情報誌に自己破産をした人の名前と住所が載ります。

自己破産は10年で記録が消えると言われていますが、刊報に載れば周りにも知られてしまいますし、刊報を目を光らせて見ているのは闇金業者なので、下手をすれば闇金業者のターゲットにもなりかねません。

それに会社の関係者も刊報を見ている可能性もあるので、いくら隠していても知られて仕事もなくしてしまうので生活も成り立ちません。

一生を棒にふることになりますので、見栄を張らずに、クレジットカードも計画的に使って良い人生を歩んでいきたいものですね!

若い時は体力もあるので、多少の苦労は乗り越えていけますし、将来という大切な可能性もたくさんありますので、ぜひ誤った行動をしないで、クレジットカードは計画的に使う事をオススメします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る