キャッシングカードは、ショッピングのクレジットカードよりも審査が厳しい?

クレジットカードキャッシングは、ショッピングのクレジットカードを作る時よりも審査が厳しいクレジットカードキャッシングについてですが、ショッピングのクレジットカードを作る時よりも審査が厳しいものになります。

無担保でお金を借りるのですから、当然のことかもしれませんね…

私は今は50代の専業主婦ですが、腰を痛めて仕事を辞めましたが、以前は営業の仕事を20年間していました。

その時は毎日100人のお客様と接していましたが、その時にお客様とお話した内容や情報などが、今の生活の中でもとても役にたっています。

ショッピングクレジットカードというのは商品を購入するための物ですが、クレジットカードキャッシングというのはお金を借りるための物だというのは、充分おわかりいただけていると思いますが、そのクレジットカードは自分のキャッシュカードではありません。

あくまでも借りているお金なので、自分のお金ではないということをクレジットカードキャッシングをする時は良く頭の中に入れておくことが大切だと思います。

クレジットカードキャッシングは、審査が厳しい上に、即日発行ではないので日数がかかります。

ですが、それと比較して審査が甘いのは消費者金融になります。

もちろん即日発行でその日にお金を借りることもできますので、今は昔と違って規制方が変わったので、金利もそれほど高くはないので便利と言えば便利ですが、ここに大きな落とし穴があります。

クレジットカードキャッシングと比較すると消費者金融は、借り入れしたから半年くらいキチンと返済しているとキゃッシングの枠がすぐに上がるということです。

ですから自分のキャッシュカードと勘違いして、ついつい借り続けてしまうから、どんどん借り入れ額が増えて最終的には借金が増えて困った状態になるというのが大きな落とし穴です。

それと比較してもクレジットカードキャッシングは、すぐにキャッシングの枠は上がらないので安全ですが、金利が実質18パーセントくらいかかってきます。

消費者金融もだいたい今は同じくらいの金利ななっていますね。

今からおよそ10数年くらい前ですが、消費者金融は金利が高かったのでまるで悪党のように世間から罵られていた時期がありましたが、もとはと言えば銀行にも責任があると思います。

もともと銀行は無担保でお金を貸さないので、消費者金融が大きくなったのは無担保でお金を貸してくれますし、電話一本で即日融資が可能なので急な出費などがあった時などは便利だからだと思いますが、先ほどの話のように大きな落とし穴があるということは忘れないで下さいね。

それと人を見下したり外見で判断してはいけません。

キチンとしたスーツを着てネクタイをしているからといってその人間が偉いわけではありません。

実際に銀行は、消費者金融が悪党呼ばわりされていた時は見下していたと思います。

ですが今はどうですか?

消費者金融と提携してクレジットカードキャッシングで無担保でお金を貸しているではありませんか!

世の中というものはいつ立場が変わるかわかりませんね~

私も32年前に中古住宅を購入しましたが、その当時は中古住宅には、金利の安い住宅金融公庫が使えなかったので銀行ローンでしたが、金利は確かに高かったので、返済がとてもたいへんだったのをよく覚えています。

そういった事実があるからだんだん銀行ロ-ンを利用する人がいなくなって、消費者金融と提携してクレジットカードキャッシングを試みたんでしょうね…

もし見下していたとしても、借り入れする人にとっては銀行と提携しているので、安心して借りれるし即日発行ので便利ですから、消費者金融にとっても助かっているので、めだたしめだたしというところでしょうかね(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る