クレジットカードを作る前に、クレジットカードの仕組みなどを知っておくと便利です

クレジットカードを作る前に、クレジットカードの仕組みなどを知っておくと便利ですクレジットカードを作る前に、クレジットカードの仕組みなどを知っておくと便利だと思います。

クレジットカードは、使い方を間違えなければとても便利です。

現金を持っていなくても、欲しい物が買えたり食事もできるし、旅行もできるし海外までも行けちゃいますしね!

ですが、どうしてクレジットカード1枚でショッピングを楽しむことができたり、食事ができたり旅行もできるか皆さんは考えたことがありますか?

その理由は信用貸しにあります。

クレジットカードのクレジットという文字は、信用という意味になります。

ですから、クレジット会員の信用がカード会社と会員の間で、契約が結ばれて初めてカード会社が信用を供与するため、クレジットカードを利用するということはクレジットカード会社から一定の期間信用を供与されているので、信用を担保にしてみんなが支えあっている仕組みになるのです。

確かにクレジットカードは便利ですよね~

カードを提出してサインするだけですから、昔は月賦といいましたが、今はローンやクレジットですか?

私の若い頃30年前は、審査に時間がかかりましたからね。早くても2から3時間はかかりましたし、高額な電化製品などを買う時などは下手をすれば2から3日かかりました(笑)。

まず、クレジットの仕組みについて、もっと詳しくお話しますが、カード会員がクレジットカードを利用した代金を銀行に入金することから始まりますが、そのクレジットカードの加盟店との信用のもとで、ショッピングや食事をします。

その代金をクレジットカード会社が会員の信用を担保にして、立て替えて、加盟店に支払うという仕組みになります。

その代わりに、クレジットカード会社に加盟店から2から5パーセントの手数料が支払われます。

加盟店にとっては、クレジットカードを使うことで、ついついお財布の紐がゆるくなるので、現金を持っていないから欲しい物を我慢しなくていいので、2から5パーセントの手数料をクレジットカード会社に払ったとしても、売り上げも上がるし、手数料分を差し引いてもそのメリットも大きいでしようね。

このように、クレジット会社と、カード会員と加盟店では信用を基盤として成り立っていますので、ある意味同盟関係と言ってもいいです。

特に最近の近代的なクレジットカードでは、ほとんどがこの仕組みになっています。

まあ、クレジットカードが大きく普及してきた要因にも、そういった仕組みがあるからでしょう。

つまり信用という概念さえ、しっかりとお互いに共有さえすれば、クレジットカードは大きな投資をするわけでもないので、カード会社にしてみれば代金の徴収が可能になりますので、世界共通でどこでも使えますから、大きく毎日の生活の中に浸透するようになったのでしょう。

ですが、サイン1つでスピード精算という便利さがあるだけに、危険がつき物です。

クレジットカードを使う時は、くれぐれも注意が必要になります。

悪意持っている人が入り込んで工作をしてしまえば、一瞬でガラスのように壊れてしまいますので…

機械を使ってクレジットカードの情報を読み取ってキャッシングをしたり、ショッピングをしてお金に替えたりする犯罪。

そういった犯罪から自分を守るためにも、クレジットカードの保管などは、段使わないクレジットカードはカード会社に返したりきちんと普段からクレジットカードの整理をして、自分が把握できる枚数に抑えるといいと思います。

クレジットカードは、信用を担保にしてカード会員のが、利用したお金を立て替えて払っているので、信用が命になりますので、クレジットカードを作る時はクレジットカードの仕組みを知って、より安全に安心して使うことをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る