クレジットカードは、正社員のうちに作っておくと審査に通らなくて嫌な思いをしなくてすみます

クレジットカードは、正社員のうちに作っておくと審査に通らなくて嫌な思いをしなくてすみますクレジットカードの作り方ですが、クレジットカードを申し込む時に、準備しておく物が必要になります。

これに決めた!というクレジットカードの申し込み用紙ですね。

そこに書いている会員規約は、必ずじっくりと読んでおいたほうがよいです。

その理由は、クレジットカード会社によって会員規約などが微妙に違ってくるためです。

例えば、年会費無料と書かれてあったとしても、翌年度からは年会費無料ではないかも知れないからです。

また、年会費無料と書いてあったとしても、ある程度の条件を満たしたり成果を上げないと、年会費無料にはならないクレジットカードもありますので、クレジットカードを作る時はこの部分が重要です。

クレジットカードの審査は、その申し込み用紙を基準に行われますが、クレジットカードの審査では、年齢や職業や年収の三つが重視されますが、定職についているかいないかも、審査のポイントになりますので申込書にはうそや偽りがないように記入しましょう。

作りたいクレジットカードが決まった時に、クレジットカード会社に申込書を送ることから始まりますが、クレジットカードの申込用紙は、主に銀行のキャッシュコーナーやデパートのキャッシュコーナーなどのそばなどに必ずあります。

また、最近ではインターネットからも申し込むことができるので便利になっていますね。

確かに、そのほうが申し込みも早くできるのでクレジットカードの審査の結果もより早くなります。

もちろん、申し込み書を送ったからといって会員になれたわけではありません。

クレジットカード会社は、直接その人に逢って面接のような事をしないので、全ての判断は申込書のみで審査をしなければならないので、ありとあらゆる方法で申し込んだ人の調査をして、その人は会員としてふさわしいかどうかを審査します。

この部分でクレジットカード会社が最も重視するのが、その人に返済能力がどうかになります。

もしも、返済能力のない人を会員にしてしまえば、クレジットカード会社が大きな負担を抱える事になります。

一般的には、社会人として世間から認められるのは18才から20才が目安になっていますが、クレジットカード会社の審査の基準は必ず定職についている事なので、最低でも一年以上は勤続年数がないと審査も難しくなると思います。

また年収も250万円から300万円がないと審査に通らないクレジットカード会社などもあります。

特に、銀行系のクレジットカードは審査がとても厳しいので、申し込んだ人が定職についていないと、審査も難しくなりますので、毎月決まったお給料が入って来ない自由業の人や自営業の人やフリーターや派遣社員の人は、審査も難しいと思いますので、信販形のクレジットカードをオススメします。

まあ、銀行というところは見た目やたてまえで人を判断するところですからね~

審査に通らなくて、嫌な思いをするよりは無難かと思いますよ。

それでも、銀行系クレジットカードは信販系よりも金利が低いので、もしも検討したいのであれば、たとえ小規模な小会社でも定職に就いていて、決まった金額のお給料が、毎月その銀行に振り込まれる場合などは、特に、問題はないので審査が通りやすいと思いますが、最近ではリストラなども多いですし、また個人で自営業をしたいと考えている人などや定年退職も近いという人は、その時期を迎える前にクレジットカードを作っておくというのも一つの方法かもしれませんね。

まあ、その時期が来ても、返済能力があればの話になりますが、定職についていないと審査が厳しくなるので、自分が作りたいクレジットカードを作れないかもしれませんからね。

正社員のうちに作っておくと、審査に通らなくて嫌な思いをしなくていいので、そのほうが無難だと思います。

いずれにしてもクレジットカードは上手に作ることと使う事をオススメします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る