クレジットカードでどのような審査をするか?作る前に知っておくととても便利です

クレジットカードでどのような審査をするか?作る前に知っておくととても便利ですクレジットカードを作る時は審査が必要になります。

どのような審査をするか?作る前に知っておくと、とても便利だと思います。

主に、年齢や職業や年収や住居形態などですが、審査の時にチェックされることが何なのか、またどういう人が審査が通らないかなど申し込む前に知っておくと、特にいいと思います。

クレジットカードの審査に重視される3つのこと

申し込む手順としては、申し込み書に自分の個人情報などを記入して、クレジットカード会社に郵送して審査が通ったら所有することができます。

インターネットでも申し込みができ、この方が即日発行で早いと思います。

その時に皆さんが気になるのは、

クレジットカード会社は何を基準にして人間を評価するのか?

と言うことだと思います。

基本的にはクレジットカード会社は、3つのことを重視して審査します。

それは安定した収入があるか返済していける能力があるか?ですが、特にここで重視されるのは住んでいる場所が明確であるかと言うことになります。

それは夜逃げのどをする心配がないか?と見極めるためになります。

ですが、これはおおまかな審査であって、実際クレジットカード会社はもっと細かな審査をしてその人間の信用のレベルを審査しています。

それを参考にするのは、申し込み書に書かれた内容ですが、クレジットカード会社はその内容一つ一つに点数をつけて、その点数を合計して審査に通るか通らないかを判断します。

その内容とは、年齢や勤続年数や職種や年収や住居形態や家族構成などですが、この中でもっとも重要なのは年齢と勤務先の状況ですね!

若い人か中高年か大企業か零細企業かで、その人間がだいたいわかるみたいですね。

それと過去の支払い履歴や借り入れの状況などが、自己申告の内容よりももっとも重視されます。

その理由は申し込み書を見ただけでは、その人間の経済的な活動や状況などがまったく把握することができません。

ですから、クレジットカード会社は必ず中立機関になっている、個人信用情報センターというところだ照会をして審査を行います。

個人信用情報センターには、全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構の3つの機関があります。

そこには、銀行やクレジットカード会社や消費者金融などを利用している人の、履歴などが集まっていて保管や更新されています。

なので、仮に過去に他のクレジットカードなどで延滞を繰り返したり、消費者金融などの借り入れが残っていたりすると、すぐわかりますので審査の時は不利になりますので、クレジットカードの審査が通らないというのはそのようなことも原因だと思います。

新規クレジットを作るときに気をつけること

それと新規にクレジットカードを作る時にも気をつけなければなりません。

利用したことがある人が申し込むとクレジットカード会社は、センターに必ず照会しますが、履歴は六ヶ月間の間センターに残りますので、短期間の間に立て続けに複数のクレジットカードを申し込んでしまうと、複数のクレジットカードでキャッシングをして、その人間は自転車操業をしていると思われて審査は通りません。

今は時代が変わりました。

すべてコンピューターの時代になってきています。

昔のように人間が人間を評価する時代ではありません。コンピューターは人間の頭脳よらのかなりの量を記憶すことができるので、自分のためには将来的にも、たった一度の過ちで後悔しないように、信用をつけて実績を残して行く事が大切だと思います。

クレジットカードを申し込むのも同じですので、審査が通るように自分の身の回りはきちんとしておいたほうが自分のためにもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る