VISAのプラチナカードが威力を発揮するのは旅行のときです

私が持っているクレジットカードは、、1枚だけです。

このカードが威力を発揮するのは、やはり旅行のとき。

まずは空港におもむいたときから。

日本をはじめ、各国の主要空港には、カード専用のラウンジがあります。

飛行機の乗り継ぎなどで時間が余ったときでも、カードがあれば居心地の良いラウンジで、ソファに座って飲み物をいただきながら、freeWi-fiでネットなどして過ごせます。

また各国の格式のあるホテルでは、チェックインした折にクレジットカードの提示を求められます。

初めて宿泊するホテルなどではここで信用度を見られるわけですが、

プラチナカードならどこでも大丈夫です。

慣れない旅先でぞんざいな扱いを受けると、一気にテンションが下がりますよね。

プラチナカードを持っていれば、どこでも丁重にあつかってもらえるので快適に過ごせます。

海外では外貨を大量に持ち歩かなくても、大抵の支払いがカードでOK。

これも便利なところ。

防犯上もありがたいです。

逆に、日本での日常生活でもクレジットカードは大活躍しています。

最近では、いちいちサインしなくてもカードでさっと支払いができるお店も多いですよね。

スーパーで食料や日用品を買うときなどは、いつもカードで支払います。

小銭を出してお釣りのやり取りをするより、断然支払いが短時間で済みます。

レジに並ぶ時間も短縮できて快適です。

そして日々の消費からも、カードのポイントが少しずつたまるのが嬉しい。

大きな買い物をしなくても、毎日の生活の中で自然とポイントが貯められます。

日常でも非・日常でも、クレジットカードの便利さをフルに満喫しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る