「Tカードプラス(ライトブルー)」と「at home(アットホーム)VISAカード」を比較してみました!

今回は、TSUTAYAで有名なCCCカルチュア・コンビニエンス・クラブが、アプラスカードと提携し発行しているクレジットカード『Tカードプラス(ライトブルー)』と全国に不動産サービスを展開しているat homeが、アプラスカードと提携し発行している『at home(アットホーム)VISAカード』の2つのクレジットカードをそれぞれ紹介し、強引にも2つのカードを比較しちゃいます!

『Tカードプラス(ライトブルー)』について

『Tカードプラス(ライトブルー)』について『Tカードプラス(ライトブルー)』は、CCCカルチュア・コンビニエンス・クラブが、アプラスカードと提携し発行しているクレジットカードです。

若者が入会しやすいクレジットカードというコンセプトで発行されました。

ウェルシアをはじめ、寺島薬局、エクセルシオールカフェ、ドトール、ドラッグイレブン、牛角、アイシティなどで発行されたTカードが『Tカードプラス(ライトブルー)』の切り替え対象となっています。

「 Tカードプラス(ライトブルー)」の申し込み条件に、Tサイトへの登録がありますが、Tサイトへ登録すると、Tカードの情報たくさん得られます。また、ゲームやインターネットショッピングもでき、楽しいサイトです。

若者でも持つことができるクレジットカードの内容としては、大人向けのクレジットカードと比べても、引けを取らない充実度を誇っています。

すべての人に届くサービスを心がけているCCCカルチュア・コンビニエンス・クラブらしいクレジットカードと言えますね。若者向けに焦点を置いているので、カードを申し込むときの規定条件範囲が狭いですが、この条件に当てはまる方には、大変オススメのクレジットカードといえますね。

『Tカードプラス(ライトブルー)』のカード資格

18歳以上のTカード(クレジット機能なし)を持っている方なら誰でも、インターネットからTサイトに入会後に申し込むことができます。

『Tカードプラス(ライトブルー)』の年会費

年会費は、初年度無料で、2年目からは、500円+税がかかりますが、年間カード利用額が50,000円以上の場合は、2年目も無料になります。

『Tカードプラス(ライトブルー)』を持つことで得られる特典

TSUTAYAをはじめ、Tポイント加盟店で会員特典がつきますが、ふつうのTポイントカードより貯まりやすくなっています。200円で1ポイントです。

『Tカードプラス(ライトブルー)』のポイント

一回分のカード利用額が、1,000円以上の場合はポイントが2倍になります。各地域のTSUTAYA来店ポイントが1Pプレゼントされます。

TSUTAYA加盟店舗でのカード提示の現金払い、またはクレジット利用で、100円につき1ポイントまたは200円につき1ポイントがもらえます。

Tカードアライアンス店舗でも、カードの提示で現金払いには100円につき1ポイントがつきます。

JCB及びVISA加盟店でのカード利用で、200円につき1ポイントがもらえます。貯まったポイントは、1ポイントから各種景品との交換や、1P=1円として支払いに充当できます。

『Tカードプラス(ライトブルー)』の支払い方法と金利

『Tポイントプラス(ライトブルー)』利用後の支払方法は、1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、一括払い、分割払い、リボルビング払いが選べます。

金利は、一括払い・分割払いが10.76%~13.25%で、リボルビング払いは15.00%で、遅延利率は14.60%がかかります。

カードの利用締日は、ショッピングが毎月5日で、キャッシングが毎月末日です。支払額引き落とし日は、ショッピングが当月の27日で、キャッシングが翌月27日となっています。

『at home(アットホーム)VISAカード』について

『at home(アットホーム)VISAカード』『at home(アットホーム)VISAカード』は、全国の不動産会社のパイプ役となり、物件の情報量では最大のパイオニアとして、社会に役立つサービスを提供している、アットホーム株式会社が、アプラスカード、VISAと提携し発行しているクレジットカードです。

『at home(アットホーム)VISAカード』は、アットホームVISA取扱い店舗で申し込める、家賃決済ができるカードです。

カード利用では、アプラスポイントも加算される大変お得な内容となっています。

カードを持つことでついてくる補償も、様々な生活のサポートをしてくれる強い味方となってくれます。

また、きっと誰もが、「家賃にもポイントがついたらいいのにな・・・。」と、少なからず思ったことがあるのではないでしょうか。

貯まったポイントは200ポイントから1,000円分のキャッシュバックができるので、もしかしたら、ポイントで家賃の支払ができるかも?なんて楽しみが増えますね。

それを叶えることができる『at home(アットホーム)VISAカード』は、アットホームで家探しをしたい、あなたには大変オススメのクレジットカードです。

『at home(アットホーム)VISAカード』のカード資格

アットホームVISA取扱い店舗で、18歳から65歳までの方が申し込めます。

『at home(アットホーム)VISAカード』の年会費

初年度年会費は、本会員も家族会員も無料です。2年目から、本会員は1,250円+税で、家族会員は400円+税がかかります。但し、年間カード利用額が10万円以上の場合は、2年目も無料になります。

『at home(アットホーム)VISAカード』を持つことで得られる特典

『at home(アットホーム)VISAカード』で家賃の支払ができます。

VISA提携店舗では、会員優待特典がつきます。

『at home(アットホーム)VISAカード』のポイント

基本ポイントは1,000円につき1ポイントです。

とっておきプレゼントとして、カード利用後の支払方法が、リボルビング払いか分割3回払い以上の場合は、取引先1件につき2ポイントがプレゼントされます。

家賃の支払額にもポイントが反映されます。

貯まったポイントは、200ポイントから交換でき、各種景品への交換や、JALマイルやdocomo、auへポイントを移行できます。また200ポイントは、1,000円分のキャッシュバックができます。

『at home(アットホーム)VISAカード』の支払い方法と金利

『at home(アットホーム)カード』利用後の支払方法は、1回払いから2回払い、ボーナス1回払い、一括払い、分割払い、と選べます。

ショッピングの支払金利は、リボルビング払いが15.00%で、一括・分割払いは、10.76%~13.25%で遅延利率は、14.60%がかかります。

カードの利用締日は、ショッピングが毎月5日で、キャッシングが毎月末日です。支払額引き落とし日は、ショッピングは当月の27日で、キャッシングが翌月27日となっています。

『Tカードプラス(ライトブルー)』と『at home(アットホーム)VISAカード』を比較してみました!

ポイント面について

『Tカードプラス(ライトブルー)』は、カード利用100円~200円につき1ポイント。

他にも様々なポイント加算があります。『at home(アットホーム)カード』は、がカード利用1,000円につき1ポイント。日頃の利用では『Tカードプラス(ライトブルー)』の方が、提携店舗が多いことからもポイントは貯めやすいと思います。

しかし、『at home(アットホーム)カード』は、家賃にもポイントが加算されるので、意外と多く貯められるのではないかな・・と思いました。

ですが・・・ポイント交換が1ポイントからできる『Tポイントプラス(ライトブルー)』の方が、ちょっぴりお得かもしれませんね。

年会費についての比較

『Tポイントプラス(ライトブルー)』も、『at home(アットホーム)カード』も利用条件を満たせば、ずっと年会費は無料です。

ですが、『Tポイントプラス(ライトブルー)』は年間利用額50,000円以上、『at home(アットホーム)カード』は年間10万円以上ということで、家賃が反映する方が無料になる可能性が高いと言えますね。

まとめ

『Tポイントプラス(ライトブルー)』は、やはり今まで学生のときからTポイントカードを使っていて、より多くポイントを貯めたくなった人が移行するクレジットカードかなと思いました。

また、『at home(アットホーム)カード』は家賃がクレカで支払う上に、その支払いにポイントが加算されるので、こちらもアットホームで賃貸されているのなら、ぜひ持っていて損はないでしょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る