「Tカードプラス(コバックメンバーズ)」と「アプラスカード」を比較してみました!

今回は車検専門チェーン店を全国に展開しているコバックが、CCCとアプラスカードと提携し発行している『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』と株式会社アプラスフィナンシャルから発行されている『アプラスカード』のそれぞれのクレジットカードを紹介して強引に比較もしちゃいます。

異なるふたつのクレジットカードを見比べるとみえてくる、それぞれの良いところ。

クレジットカードの特徴を詳しく知ることで、お得な情報を逃さずに賢いカード利用ができます。

そうすることで、今よりも、もう少しだけ、あなたの生活が楽しく充実したものにできるからです。
そんなクレジットカードの魅力をたくさん見つけてくださいね。
それでは一緒に見比べてみましょう。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』について

「Tカードプラス(コバックメンバーズ)」と「アプラスカード」を比較してみました!『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』は、株式会社コバックがTSUTATAで有名なCCCとアプラスカードと提携し、発行しています。

株式会社コバックは、車検のコバックとして有名です。

自動車整備と鈑金塗装のフランチャイズ事業を全国展開しています。

また自動車に関する損害保険も、各種取り扱っています。

一人でも多くの方々に求められ、必要とされるサービスを目指しているコバック。

毎年つくられる、社長直筆のカレンダーは好評を博しており、コバックで取引される方々に大変喜ばれています。
他にも、プロが教えるカーメンテナンスのコツという本を出版されており、プロとしての技を惜しみなく様々な方に提供しています。

もうすぐ車検だけれど、車をきちんと整備してくれて、安いところないかな?という方には、まずコバックのお店を探してみて下さい。

そして他社と比較をしてみて、納得したらお店へ行ってみて下さい。

そして、納得したうえで、コバックを利用するならば、ポイントもしっかりもらえる『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』は、本当にオススメのクレジットカードといえますね。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』のカード資格

カードは、18歳以上の高校生以外で電話連絡が可能な方にから誰でも申し込めます。
インターネットからのオンライン申込みは、20歳からとなっています。
カードは、申し込みから3週間前後で発行されます。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』の年会費

年会費ついては、初年度年会費は無料です。2年目からは、1,250円になりますが、年に一度でもカードの利用があれば、2年目も無料になりますので実質無料ですね^^

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』を持っていることで得られる特典

コバックで車検を申し込むと、どこよりも安い車検クレジットが利用できます(実質年利7.9%)。

車検の申込みと一緒にカードの入会をすると、車検代から1,000円の割引をするか、次回に使用できる1,000円のクーポン券をもらうかの、どちらかを選べます。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』のポイント

TSUTAYAでのカードクレジットの利用で、200円につき1ポイントがつき、1,000円以上だと、ポイントが2倍になります。

さらに各地のTSUTAYA店舗への来店で、ボーナスポイントが1ポイントもらえます。

カード提示により現金払いをすると、100円につき1ポイントがつきます。また、TSUTAYA提携店舗でもカードクレジットの利用で、200円につき1ポイントがつき、カード提示の現金払いだと100円につき1ポイントがつきます。

他にも、Tポイント加盟店は、全国にたくさんあり、TSUTAYA提携店舗以外でも200円につき1ポイントがもらえるので、要チェックです。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』の支払い方法・金利

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』利用後の支払方法は、ショッピングが1回払い、2回払い、一括払い、分割払い、リボルビング払いと選べます。

金利は、一括払い・分割払いが10.76%~13.25%で、リボルビング払いが15.00%で、遅延利率は14.60%かかります。

カードの利用締日は、ショッピングが毎月5日で、キャッシングは毎月末日です。引き落とし日は、ショッピングが当月27日で、キャッシングは翌月27日です。

『アプラスカード』について

『アプラスカード』は、株式会社アプラスフィナンシャル(旧株式会社アプラス)が発行しているスタンダードなクレジットカードです。

株式会社アプラスフィナンシャルでは、お客様の豊さづくりと、夢ある社会生活の創造に貢献するサービスを提供しています。

社会人一年生が、はじめて持つクレジットカードというランクですが、アプラスならではの手厚い補償がついていますから、とても安心なクレジットカードの一つといえます。

オンラインに関するセキュリティ面も万全ですし、使い方によっては青葉マークでも、充分な内容となっています。やはり、最初のクレジットカードなら、利用限度額の範囲よりも、補償やセキュリティに重点を置くと、また違った見方ができるのではないでしょうか。

『アプラスカード』は新生銀行グループのひとつでもありますから、その関係性からも、新生銀行で取引されるなど、利用額や頻度によって、クレジットカードとしてもランクがどんどん上がる仕組みになっています。

ですから、クレジットカードの利用にとどまらず、銀行取引にも興味がある方には、オススメのクレジットカードではないでしょうか。

『アプラスカード』のカード資格

カードは、高校生以外の18歳以上で電話連絡がとれる方ならどなたでも作れます。

『アプラスカード』の年会費

年会費については、初年度年会費は無料(家族会員も無料)、2年目からは1,500円、家族会員が600円になります。

『アプラスカード』のポイント

カード利用1,000円につき1ポイントです。

また、お楽しみプレゼントとして、分割払い3回以上やリボルビング払いの場合は、カード取引先一件につき2ポイントプレゼントがもらえます。

さらに年間カード利用額に応じて、ボーナスポイントも加算されます。

25万円以下では、利用額の0.5%がつき、25万円以上~50万円までは、利用額の0.6%がつき、50万円以上には、利用額の0.75%がボーナスとして年に一度、加算されます。

ポイント交換については、200ポイントから1,000円分のキャッシュバックができます。

『アプラスカード』の支払い方法と金利

『アプラスカード』利用後の支払方法は、1回払いから2回払い、ボーナス1回払い、リボルビング払い、一括払い、分割払いと選べます。

金利はショッピング一括払い・分割払いともに、10.76%~13.25%でショッピングリボは15.00%で、遅延利率は14.60%がかかります。

カードご利用締日は、ショッピング毎月5日で、キャッシング毎月末日です。引き落とし日は、ショッピング当月27日で、キャッシング翌月27日です。

『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』と『アプラスカード』を比較してみました!

ポイント面について

「Tポイントカード(コバックメンバーズ)の基本ポイントは200円につき1ポイントですが、カード提示の現金払いだと100円に1ポイントの加算であるなど、かなりポイントが貯まる仕組みが出来上がっているようです。

また『アプラスカード』の基本ポイントは、1,000円に1ポイントですが、お楽しみプレゼントや年間カード利用額に応じてボーナスポイントがもらえたりと、こちらもいつの間にかポイントが貯まっているような感じですね。

しかし、「Tポイントカード(コバックメンバーズ)」の方が車検などの多額の費用が必要なところにポイントが付くので、ポイント比較についてはこちらが有利のような気がします。

年会費についての比較

「Tカードプラス(コバックメンバーズ」は、初年度年会費が無料で、2年目から費用がかかりますが、年に一度でもカードの利用があると無料になるので、実質無料になる方が多いと思います。

『アプラスカード』も初年度は無料ですが、2年目からは本会員1,500円(税抜)で、家族会員が600円(税抜)かかります。

年会費の比較に関しても、『Tカードプラス(コバックメンバーズ)』の方がお得なようです。

まとめ

コバックで、車検との同時申し込みで入会できるクレジットカードです。

つまり、車検など車をよくコバックでお願いすることが多い人にはお得なカードですね。

株式会社アプラスフィナンシャルが発行している、アプラスカードでは、スタンダードなクレジットカードです。

アプラスは、クレジット会社としてスタンダードですので、初めてクレジットカードを持つ人にはとっておきの1枚です。くわえて新生銀行をよく利用されるなら、ぜひ持っておきたい1枚ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る