「JMBローソンPontaカード」と「nimocaセゾンカード」を比較してみました!

今回は、コンビニエンスストアを全国展開しているローソンが、セゾンカードと提携し発行しているクレジットカード『JMBローソンPontaカード』と九州の福岡市に本社がある西日本鉄道株式会社が100%出資する、株式会社ニモカとセゾンカードが提携し発行した『nimocaセゾンカード』の2つのクレジットカードをそれぞれ紹介し、軽く比較もしてみました。

『JMBローソンPontaカード』について

『JMBローソンPontaカード』について『JMBローソンPontaカード』は、世界中に店舗展開しているローソンが、セゾンカードと提携し発行しているクレジットカードです。

ローソンをはじめ、ローソンストア、ローソン100、さらにpontaポイント加盟店舗、Visa加盟店舗で、お得に利用ができます。

ローソンの様々なサービスを利用することで、さらにポイントが加算されるので、使えば使うほど、お得になるクレジットカードなのです。ローソンの新商品情報や、ポイント割引券で商品のお試しができるなど、使い方はそれぞれです。

また、新商品には期間限定のものもあり、ローソン好きにはたまりません。

ローソンストアで夏のギフトを『JMBローソンPontaカード』で購入すると、基本ポイントの他に、1商品につき100Pのボーナスポイントが加算されますから、大変お得ですよね。

貯まったポイントもローソンの支払に充当できますし、Pontaサイトで多様な使い方ができます。

ダブルポイント加算になるキャンペーンに登録すれば、JALマイルもどんどん貯まりVisa加盟店でもポイントがつきますから、普段のお買い物でもお得に利用ができますよね。

ローソンをよく利用される方や、ローソンの商品に興味がある方には、ぜひオススメのクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

『JMBローソンPontaカード』のカード資格

Pontaカード会員である18歳以上から申し込むことができます。

『JMBローソンPontaカード』の年会費

年会費は、ずっと無料です。

『JMBローソンPontaカード』を持つことで得られる特典

『JMBローソンPontaカード』の新規登録で特典がつきます。

全国のローソンやローソン100、Visa加盟店舗等の『JMBローソンPontaカード』利用で、会員優待や特典がつきます。また、会員にはローソンの新商品や、お試し商品について、各キャンペーン等のお得な情報がローソンメールで届きます。

忙しい人には便利な、ローソン会員ネット宅配サービスが利用できます。

『JMBローソンPontaカード』はiD対応なので、あまり時間がない時や、混雑している時には、サッとかざすだけで精算ができます。

『JMBローソンPontaカード』のポイント

『JMBローソンPontaカード』の新規登録で、Pontaポイントが1,000Pプレゼントされます。

『JMBローソンPontaカード』の利用では、Pontaポイントが100円につき2P、JALマイルが200円につき1マイル加算されるダブルポイント方式です。また、ローソン会員ネット宅配サービスや、ローソンフレッシュ、ローソン100では、200円につき1P、さらにVisa加盟店ならば1,000円ごとに5Pが加算されるんです。

そして、ローソンストアで、お中元等、夏のギフトをカード利用で購入すると、1品ごとに100Pがボーナスポイントとしてもらえますし貯まったポイントは、ローソン店内に設置されているLoppiでお試し商品引換券と交換や、豪華な景品が当たる懸賞へ応募ができますし、ローソン商品の支払にも充当できます。

また、Pontaポイントとマイルは、相互移行ができます。Pontaポイントをたくさん貯めたい場合は、マイルから移行ができます。マイルをたくさん貯めたい場合は、Pontaポイントから移行ができます。

さらに、Pontaサイトに登録すると、Pontaポイント加盟先への移行や、Pontaゲーム、その他Pontaポイントが貯まる情報がたくさん利用できますよ。

『JMBローソンPontaカード』の支払い方法と金利

『JMBローソンPontaカード』の支払方法は、ショッピングの場合、1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い、一括払い、分割払い、リボルビング払いが選べます。

金利は、ボーナス1回払いが8.00%で、ボーナス2回払いが8.00%+利用額3%、リボルビング払いが14.52%で、遅延利率が6.00%~14.60%かかります。

カード利用の支払締日は、毎月末日で、口座引き落とし日は翌々月4日となっています。

『nimocaセゾンカード』について

『nimocaセゾンカード』について『nimocaセゾンカード』は九州の福岡に本社がある、西日本鉄道株式会社が、IC乗車券発行会社として100%出資をしている株式会社ニモカとセゾンカードが提携し発行しています。

西日本鉄道の利用をはじめ、バス等、カード提携の交通機関で便利に使えるnimocaに、クレジット機能がついたタイプのものです。

『nimocaセゾンカード』新規入会の場合、駅ビルのソラリアプラザで使えるギフトカード500円分と、nimocaポイントが500Pプレゼントされます。

nimocaオートチャージに設定すれば、指定の金額がクレジット決済になり、金額入金の手間がなく便利です。またオートチャージ登録の場合、3,000円以上の利用で、nimocaポイントが500P加算されるので大変お得です。

普段のお買い物でも、セゾンカードとVisaが提携されているので、それぞれの会員優待がつきます。

このように『nimocaセゾンカード』は、使えば使うほどnmocaポイントが貯まる仕組みになっています。

貯まったポイントは、nimocaへ電子マネーとしてチャージができます。

『nimocaセゾンカード』は、西日本鉄道や、その他関連交通機関を利用される方には、大変オススメのクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

『nimocaセゾンカード』のカード資格

nimocaを利用している18歳以上から申し込めます。

『nimocaセゾンカード』の年会費

年会費は、ずっと無料です。

『nimocaセゾンカード』を持つことで得られる特典

『nimocaセゾンカード』を利用すると、会員優待や、割引、特典が付き、新規入会の場合、特典がもらえます。

『nimocaセゾンカード』のポイント

『nimocaセゾンカード』の新規入会で、ソラリアプラザギフトカード500円分と、nimocaポイント500Pがプレゼントされます。

また、nimocaオートチャージ登録をして、3,000円以上の利用がある場合には、nimocaポイント500Pが加算されます。カード提携店舗の『nimocaセゾンカード』利用では、1,000円つき3Pが加算されます。

さらに、『nimocaセゾンカード』加盟店では、ポイントUPデーがあります。

貯まったポイントは、nimocaポイント交換機から電子マネーとしてnimocaへ入金することができます。

『nimocaセゾンカード』の支払い方法と金利

『nimocaセゾンカード』の支払方法は、ショッピングの場合、1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い、一括払い、分割払い、リボルビング払いが選べます。

金利は、ボーナス1回払いが8.00%で、ボーナス2回払いが8.00%+利用額3%、リボルビング払いが14.52%で、遅延利率が6.00%~14.60%かかります。

カード利用の支払締日は、毎月末日で、口座引き落とし日は翌々月4日となっています。カード利用限度額はカードお届け時にお知らせします。

『JMBローソンPontaカード』と『nimocaセゾンカード』を比較してみました!

ポイント面についての比較

『JMBローソンPontaカード』は、カード利用でPontaポイントが100円につき2P+JALマイルが200円につき1マイルというダブル加算方式で、さらに新規入会ポイントプレゼントや、利用額に応じたボーナスポイントがもらえます。

『nimocaセゾンカード』は、カード利用でnimocaポイントが1,000円につき3Pが加算され、新規入会ポイントプレゼントや利用額に応じたボーナスポイントがあります。

基本ポイント加算金額が100円と1,000円の違いが大きいと思いますので、ポイント面では『JMBローソンPontaカード』の方がお得ですね。

年会費についての比較

『JMBローソンPontaカード』、『nimocaセゾンカード』ともに、ずっと無料なので、こちらは、引き分けですね。

まとめ

『JMBローソンPontaカード』のほうはローソンをいつもよく利用している人で、pontaポイントも貯めたい欲張りなアナタにぴったりなクレジットカードだと思います。

『nimocaセゾンカード』は株式会社ニモカが、セゾンカードと提携し発行している、西日本鉄道の利用や、『nimocaセゾンカード』加盟店でお得に利用ができるクレジットカードですね。

nimocaでいつも公共機関などの交通費をオートチャージしている人は、こちらのクレジットカードにされたほうがポイントが貯まるのでぜひ検討してみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る