「ロフト(LoFt)カード」と「ラフォ―レ倶楽部パルコカード」を比較してみました!

今回興味を持ったクレジットカードは、「ロフト(LoFt)カード」と「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」です。

「ロフト(LoFt)カード」は皆さんもごぞんじ、世界でも人気のある日本の大型雑貨ストア「Loft」のクレジットカードですよね。

いっぽう「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」もカード名を聞いただけで、すでにだいたい想像がつくと思いますが(笑)ご一緒に見ていくことにしましょう!

「ロフト(LoFt)カード」について

「ロフト(LoFt)カード」についてそれでは、まず「ロフト(LoFt)カード」からです。

繰り返しになるかもしれませんが、「ロフト(LoFt)カード」は株式会社クレディセゾンが発行している大型雑貨ストア「Loft」のクレジットカードです。

年会費は無料になっていて、18歳以上で高校生以外の電話連絡が可能な方、そして提携しているカード引き落としの銀行口座をお持ちの方なら誰でもカードを作ることができます。

また、カードの発行は最短で即日発行ができるので急がれている人には好都合ですね。

カードに備わっている補償について…

カード発行時に選ぶVISAとかアメリカンエキスプレスなどの国際ブランドによって保険に関する補償の違いがあります。

例えばアメリカンエキスプレスカードを選ぶと、海外や国内の旅行傷害保険が最高3,000万円の補償が付き、ショッピング保険も年間最高100万円まで補償されます。

ロフト(LoFt)カードの会員割引について

「ロフト(LoFt)カード」の会員になると、毎月最終金曜日から日曜日までの3日間は1,000円以上のお買い物から3day10%OFFでお買い物ができます。

また「ロフト(LoFt)カード」の会員には、会員限定の「ロフト(LoFt)カードニュース」が届きます。

「ロフト(LoFt)カードニュース」には、新商品情報をはじめ、人気商品の紹介や、イベント、モニターの募集、プレゼント募集や会員特別優待のお知らせなどが掲載されています。

ポイントの貯め方

国内の利用では1000円で1ポイント貯まります。

貯まったポイントは、JALマイル、ANAマイル、docomoポイントや、auポイント、ビッグポイントや、ヤマダポイント、Tポイントへ移行できるのでかなり便利です。

支払い方法・金利

「ロフト(LoFt)カード」でカード支払いした後の支払方法は、1回払いから、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボルビング払い、分割払いと選べます。

支払金利は、ショッピングリボ13.8%、遅延利率14.6%。キャッシングは、1回払いとリボルビング払いが選べます。

使ったカードの締日は毎月末日で引き落とし日は翌々月の4日となっています。

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」について

laforetclubcard次は、2枚目のカード「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」について、調べてみました。

ラフォ―レ倶楽部といえば法人会員制のクラブですね。

会員になることで、ラフォーレホテルズ&リゾーツ14ヶ所、約90ヶ所の提携ホテル・ゴルフ場と、スポーツ・トラベル・自己啓発など約60種類の厳選された提携サービスを特別料金で使うことができるのです。

そのクレジットカードと考えていただければ、想像もしやすいでしょう。

年会費と補償

この「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」も年会費は無料です。

意外と上流階級のご婦人や年配の方しか入れないのか?と思いきや18歳以上高校生以外、電話連絡が可能でカード提携銀行お支払口座を持っている方なら誰でもカードを作ることができます。

補償としては、カード発行時に国際ブランドJCBを選ぶと海外のカード利用分に限り、年間50万円までのショッピング補償が付きます。

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」を持つと得られる割引について

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」を持つと、パルコ(PARCO)と名がついているからには、ショッピングビルの「パルコ(PARCO)(PARCO)」でのお買い物が5%OFFになりますよ(笑)。

もちろん「パルコ(PARCO)(PARCO)」のバーゲン情報やイベントのお知らせなどは、会員特別優待でご招待されますし、提携映画館では、会員優待割引で利用できます。

パルコ(PARCO)以外でも、ラフォ―レホテルズのレストランでも優待料金になりますし、「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」を1年間で10万円以上利用した場合は、「クラスSメンバーズ」にランクアップします。

なんかカッコイイですね(笑)

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」でのポイントのため方

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」もロフトカードと同じく1000円で1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは永久不滅ポイントとして加算されていきますが、200ポイント貯まればそのままラフォ―レ20ポイントへ移行させることもできます。

ラフォ―レポイントが貯まりますと、ラフォ―レホテルズ&リゾーツで利用できる朝食券に交換できます。

他にもラフォ―レホテルズの特別室へご招待など、お好みの景品と交換できまるので、「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」はラフォーレ系列のお店をよく利用される方にはやはりポイントを貯めるとお得になる特典が多いですね。

支払い方法と金利

「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」を利用された場合、利用後の支払方法は、1回払いからボーナス1回払い、ボーナス2回払い、リボルビング払い、と選べます。

支払金利は、リボルビング払い14.52%、ボーナス1回払いは8.00%、ボーナス2回払いは8.00%+手数料3%、遅延利率6.00%~14.60%となっています。

カードの利用締日もロフトカードと同じ毎月末日で引き落とし日も翌々月4日です。

「ロフト(LoFt)カード」と「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」の比較!

ポイント面について

ポイントはどちらも基本1000円で永久不滅ポイントが1ポイントと同じですが、ポイントに関しては同時に2タイプのポイントが貯められる「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」の方が有利だと思います。

年会費についての比較

「ロフト(LoFt)カード」と「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」は、どちらも年会費は無料です。

まとめ

繰り返しになりますが、「ロフト(LoFt)カード」は有名な大型雑貨ストア「Loft」が出しているクレジットカードです。

「Loft」の階ごとに変わる雑貨のテーマは、見ていて本当に飽きないですよね。

最近は技ありすぎの小物たちが話題となっていますが、どれもこれも驚きの逸品です。

私たちの生活をもうワンランク過ごしやすくしてくれるものが、満載。

調理器具から掃除用具、洗剤各種、壁紙の上から塗れる体に良いペンキなど、一つでも試してみるとわかる違い。

「Loft」にあるプロも認める逸品探しは楽しいですよね。

一度目覚めてしまうと、毎週でも行きたくなると思います。普段の生活習慣に、「Loft」を取り入れたい方には絶対にオススメです。

なぜならば、生活用品はポイントを貯める宝庫だからです。

貯まったポイントは何に使いますか?

考えるだけでより生活が楽しいものになりませんか?

いっぽう「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」は、ラフォ―レホテルズ&リゾーツのクレジットカードです。リゾートホテルに泊まるのが大好きな方には、ぜひオススメのカードです。

ホテル滞在費用すべてに、ラフォ―レポイントと永久不滅ポイントの両方が付くだけで、すごくお得でなないですか?

こちらも使えば使うほど、楽しい特典が山ほど楽しめるクレジットカードと言えるでしょうね。

休暇をラフォ―レホテルズ&リゾーツで過ごせば、癒されながらも特別会員価格で過ごせる幸せは、「ラフォ―レ倶楽部パルコ(PARCO)カード」を持ってみてはじめてわかる嬉しさなのではないでしょうか。

また、ラフォ―レホテルズ&リゾーツは全国展開しているホテルですので、楽しみ方もたくさんありますね。

それぞれの観光スポット巡りや、ご当地の美味しいものなど、想像するだけで楽しいですよね。

ホテル系カードは、持っているだけで滞在中のお得感がまるで違ったものになりますので、ホテル派の方、リゾート大好き派の方には、本当にオススメのクレジットカードといえるでしょう。

クレジットカードの特徴を知れば知るほど、その魅力が本当によくわかります。

クレジットカードを賢く利用して、どんどんお得な生活を送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る