電子マネーとは、簡単に言うとチャージ式のプリペイドカードのようなものです

電子マネーとは、簡単に言うとチャージ式のプリペイドカードのようなものです最近では買い物や旅行でクレジットカードを使って、マイルやポイントを貯める方が増えてきています。

貯めたマイルやポイントは、特典の無料航空券やカタログギフトに交換したり、ネットショッピングの割引に使えます。

クレジットカードの利用で、現金での買い物ではない楽しみが増えるなんていいですよね。

しかし、クレジットカードは使いすぎてしまいそうだから怖いな、と抵抗があったり心配する方も多いと思います。

そんな方にオススメなのが電子マネーです。聞いたことがある人は多いと思いますが、実際に利用したことがある人も今では多くなってきています。

電子マネーとは、簡単に言うとチャージ式のプリペイドカードのようなものです。カードに現金をチャージすると、入れた金額分カードを使うことができます。

大体は、フェリカというICチップが搭載されたクレジットカードや携帯電話にチャージされ、金額が記録されています。

入金した現金は、そのクレジットカードや携帯電話を支払い端末にかざすだけで電子マネーとして必要な金額が支払われる仕組みになっています。

カードにチャージされた現金の残高が少なくなったら、また現金をカードにチャージすることで繰り返し使うことができます。

クレジットカードとの大きな違いは、入金した分しか使えないことです。

さらに言うと、入金できる上限額も決まっているのでクレジットカードより使い過ぎや無駄遣いの心配をしなくてすみますよ。

現金で支払えばいいものをわざわざカードにチャージして何のメリットがあるのか、と思うかもしれませんね。そんな方は試しに、千円だけでも電子マネーに変えて利用してみてください。

いつも現金で支払っているものを電子マネーに変えるだけで、あらゆるメリットがあり生活が少しスマートになります。

例えばコンビニでの買い物です。ちょっとタバコや飲み物を買おう、という時ありますよね?

その時、電子マネーを使うとどうなるでしょう。レジで電子マネーでの支払いを申し出たら媒体をかざして会計は終了です。現金でのやりとりが一切存在しない会計になるのです。一瞬で終わるスマート会計を体感してみると、現金での支払いより驚くほど簡単で楽なのです。

電車の改札でも、今では切符でなく電子マネーのカードを利用する人が多くなっています。わざわざ切符をどこからどこまでいくら、と考えて購入する必要がありません。

電子マネーを記録しているICチップに、いつ、どこで、いくら、が記録されています。改札にはピッと媒体をかざすだけ。どの改札を通ったか瞬時に記録され、どの改札を出るのかによって必要な運賃分の金額が自動的に支払われます。

会計のスマートさも現金に比べると格段に違う電子マネーですが、もうひとつメリットがあります。

それは、買い物でポイントを貯める事ができるという点です。

現金は支払いという目的を果たすとそれで終了です。電子マネーの場合はどこのカード会社でも、大体100円~200円で1ポイント貯めることができます。

貯まったポイントを、1ポイント1円換算で再度電子マネーとして利用できたり、提携していたらマイルと交換することもできます。ポイントとしても買い物の値引に利用する事も出来るのです。

電子マネーはEdyとSuicaという2種類があります。Edyは入金上限額が5万円、Suicaは2万円までです。どちらも入金方法は現金とクレジットカードの2通りあります。

クレジットカードからの入金でも上限が決まっているので、そもそもクレジットカードだと使いすぎる、という不安があっても心配ありません。

クレジットカードを使わず現金のみでチャージしたい場合には、楽天Edyなどのポイントが貯まるEdyカードのみ発行してもいいでしょう。

電子マネーは様々なカード会社が運営・発行しています。

そのカード会社ごとにポイント付与のシステムも違いはありますが、クレジットカードでのチャージと併用するとポイントやマイルが貯まりやすいという部分は同じです。クレジットカードを使いたくない場合には、クレジット機能のついていない電子マネーカードを選べば問題ないでしょう。

クレジットカードを使わなくても、現金をチャージして電子マネーを利用することでポイントを貯める事ができるので、現金での支払いよりお得ということになります。

ただし、マイルを貯めたい方はクレジットカードでのチャージのほうが貯まりやすさがあります。例えばANAカードにはEdyが、JALカードにはSuicaが電子マネーとして付帯されています。

ANAカードのEdyは、電子マネーでの買い物でマイルを貯める事ができますが、JALカードはチャージの時しかマイルを貯めることはできません。

さらに、いずれもチャージが現金の場合はマイルが貯まりません。逆に言うと、クレジットカードでのチャージであれば、ANAカードのEdyはチャージと買い物でマイルを2重取りできるのです。

ポイントカードというものは、基本的にお店専用のカードで特定のお店で使うことでポイントがたまるものです。

しかし電子マネーは、身近なコンビニエンスストアや飲食店、ドラッグストアなど日常の買い物で提携店であればどこででもポイントを貯める事ができます。普段の現金払いを電子マネーにかえてみると、会計はスマートにしながらポイントを貯める事ができ、生活にちょっとした楽しみが増えるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る