財布の中に入れておくクレジットカードは2枚というのがベストな枚数です

財布の中に入れておくクレジットカードは2枚というのがベストな枚数ですクレジットカードを何枚も持っていても、実際に利用する度に別のクレジットカードに変えることってそうそうないですよね。

大体が、マイルやポイントを貯める為のクレジットカードであったり、よく使うお店で作ったクレジットカードなどで固定化している人がほとんどだと思います。

何枚も持っていると財布がかさばるので自宅に置いている、という方も多いのではないでしょうか。

逆にクレジットカード自体1枚しか持っていない、という方もいるかもしれませんね。

実は、財布の中に入れておくクレジットカードは2枚というのがベストな枚数です。

何枚も持っているのであれば、貯めたいマイルやポイントの還元率が充実しているものと、プラスαに絞る。もしくは日常的に利用するお店で作ったクレジットカードプラスα、という具合でしょうか。

プラスαのクレジットカードも1枚目と同じ会社のカードではなく、別の会社が発行しているクレジットカードを持つ、というのも選び方の一つです。

2枚がベスト、という理由には「もしもの時」の対策というのがあります。

「もしも」所持しているカードブランドが使えないお店であった時の為に、カードブランドが別のものを1枚持っておくという対策です。

「もしも」限度額を超えていた場合に、同じ会社のカードでは何枚持っていても結局利用することができませんので、別のカード会社のクレジットカードであるほうがいいのです。

いわばメインの1枚が「もしも」使えなかった時でも安心、という感覚で所持する1枚になるのです。

メインのクレジットカードが使えなくなる可能性は大きく「カードブランド」「限度額」の2つに分けられます。

そこで、プラスαにするクレジットカードは、メインと別のブランドのもので、別の会社が発行しているクレジットカードが2枚目の要素として必要というわけなのです。

基本の2つの要素を抑えたら、せっかくだから同じポイントが貯まるもの、メインのクレジットカードで貯めるポイントやマイルに移行できるものだと取りこぼしがなくて済みますね。

また、せっかくのプラスαカードを所有することで得られるメリットに注目するのもいいでしょう。

車を所持している人であれば、ガソリン代の値引やいざという時のロードサービスが充実しているクレジットカードをプラスαにするという方法もあります。

他にも、メインのクレジットカードではないので、獲得ポイントの有効期限を気にせず貯めることができる、ポイントの有効期間が実質無期限であるもの。映画が好きな方なら、いざという時に使っておいて、貯まったら1本無料で映画を見たりることができるもの。選び方は様々です。

例えばANAカードをメインで使っていて、マイルを貯めたい方であればプラスαはTSUTAYAWカードという方法があります。

ローソンであれば、TSUTAYAWカードは決済しなくても提示するだけでポイントが貯まります。代金の支払いはメインのANAカードを使えばマイルも貯める事ができるのです。 これだとポイントもマイルも取りこぼしがなくてすみますね。

ネットショッピングがお好きな方はVIASOカードにプラスαでP-oneカードがお勧め。

VIASOカードは提携店であれば、ポイントの獲得が大きくていいのですが提携店以外の還元率は低いのです。

還元率の低いところではP-oneカードを使えば、どこでもいつでも1%オフで買い物ができます。ポイントが貯まりにくい所は直接割引で得することができるセットです。

還元率の良さで言うと、高島屋ではタカシマヤカードを使うのがベストです。

代金の8%とかなりの還元率なので100円あたりの利用で8ポイントも獲得できます。高島屋のように、メインのクレジットカードが利用によって還元率が低いのであれば、どこででも100円1Pの獲得率が変わらない楽天カードと使い分けるというのもありですね。

プラスαのカードも クレジットカードを何枚も持っていても、実際に利用する度に別のクレジットカードに変えることってそうそうないですよね。

大体が、マイルやポイントを貯める為のクレジットカードであったり、よく使うお店で作ったクレジットカードなどで固定化している人がほとんどだと思います。

何枚も持っていると財布がかさばるので自宅に置いている、という方も多いのではないでしょうか。逆にクレジットカード自体1枚しか持っていない、という方もいるかもしれませんね。

実は、財布の中に入れておくクレジットカードは2枚というのがベストな枚数です。

何枚も持っているのであれば、貯めたいマイルやポイントの還元率が充実しているものと、プラスαに絞る。もしくは日常的に利用するお店で作ったクレジットカードプラスα、という具合でしょうか。

プラスαのクレジットカードも1枚目と同じ会社のカードではなく、別の会社が発行しているクレジットカードを持つ、というのも選び方の一つです。

2枚がベスト、という理由には「もしもの時」の対策というのがあります。「もしも」所持しているカードブランドが使えないお店であった時の為に、カードブランドが別のものを1枚持っておくという対策です。

「もしも」限度額を超えていた場合に、同じ会社のカードでは何枚持っていても結局利用することができませんので、別のカード会社のクレジットカードであるほうがいいのです。

いわばメインの1枚が「もしも」使えなかった時でも安心、というお守りのような感覚で所持する1枚になるのです。

メインのクレジットカードが使えなくなる可能性は大きく「カードブランド」「限度額」の2つに分けられます。

そこで、プラスαにするクレジットカードは、メインと別のブランドのもので、別の会社が発行しているクレジットカードが2枚目の要素として必要というわけなのです。

基本の2つの要素を抑えたら、せっかくだから同じポイントが貯まるもの、メインのクレジットカードで貯めるポイントやマイルに移行できるものだと取りこぼしがなくて済みますね。

また、せっかくのプラスαで得られるメリットに注目するのもいいでしょう。

車を所持している人であれば、ガソリン代の値引やいざという時のロードサービスが充実しているクレジットカードをプラスαにするという方法もあります。

他にも、メインのクレジットカードではないので、獲得ポイントの有効期限を気にせず貯めることができる、ポイントの有効期間が実質無期限であるもの。

映画が好きな方なら、いざという時に使っておいて、貯まったら1本無料で映画を見たりることができるもの。選び方は様々です。これも年会費がかかるもの、かからないものもあります。

例えばANAカードでマイルを貯めたい方であれば、プラスαはTSUTAYAWカードという方法があります。ローソンであれば、TSUTAYAWカードは決済しなくても提示するだけでポイントが貯まります。

代金の支払いはメインのANAカードを使えばマイルも貯める事ができるのです。ポイントもマイルも取りこぼしがなくてすみますね。

ネットショッピングがお好きな方はVIASOカードにプラスαでP-oneカードがお勧め。

VIASOカードは提携店であれば、ポイントの獲得が大きくていいのですが、提携店以外の還元率は低いのです。

還元率の低いところではP-oneカードを使えば、どこでもいつでも1%オフで買い物ができます。ポイントが貯まりにくい所は直接割引で得することができるセットです。

還元率の良さで言うと、高島屋ではタカシマヤカードを使うのがベストです。代金の8%とかなりの還元率なので100円あたりの利用で8ポイントも獲得できます。高島屋以外で使うものは、どこででも100円1Pの獲得率が変わらない楽天カードとわけて使うというのもありですね。

プラスαのカードも当然、年会費がかかるもの、かからないものがあります。 メインのカードを選ぶ時と同様に、年会費とあったら嬉しいサービス、ライフスタイルと自分の価値観と照らし合わせて選んでみるといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る