現金の代わりに使用するクレジットカードを1枚に限定することで、たくさんのポイントが貯まる

現金の代わりに使用するクレジットカードを1枚に限定することで、たくさんのポイントが貯まる割引商品やバーゲンセールといった、買い物の際の魅力的なフレーズがありますが、誰でもお得に買い物ができたら嬉しいものだと思います。

実際、バーゲンの時であれば通常2着分の価格で4着、5着の洋服を買うことができたりするので、そういったシーズンにまとめ買いする方も多いと思います。

しかし、私はバーゲンセールでなくても、度々通常の価格の半額以下で買い物をしたりします。

洋服はもちろん、鍋の食材や家電を安く購入した経験があります。それも、セール品ではなく、です。これには単純に、ポイントというものを利用したからなんですね。

私がクレジットカードを初めて作ったのは学生時代でした。地元に大型ショッピングモールが初めてできた時に、何やらキャンペーンでそのお店のポイントカードを作るという話があったのがきっかけでした。

申し込み用紙の記入は母に任せて、手元に届いたカードをポイントカードとして利用していました。地元で数少ない大型ショッピングモールでしたので、買い物は常にそのお店でしたし、ポイントはどんどん貯める事ができました。ところが、そのポイントカードを所有して3年の月日を経て初めて、そのポイントカードが実はクレジットカードとしての機能があるということを知ったのです。

興味がないというのは怖いもので、私はそれまでクレジットカードは持っていない、と思っていました。何かのセールスで聞かれた時もそう答えていたのです。

ポイントカードとしても、ポイント5倍や10倍といったキャンペーンをうまく活用していたので、その頃から貯まったポイントを活用して欲しい物を破格で手に入れる事ができていました。

しかし、そのショッピングモールではクレジット決済をするだけで、さらにポイントが貯まる仕組みがあったのです。興味がなかったばかりに、私は今まで2倍、3倍のポイントを貯めそこなっていたわけです。そこに気付いてからは、ひたすらクレジットカードの機能を活用しました。

最初の頃は、クレジットカードというものは、万が一手持ちが少ない時に使うものだ、と認識していましたからクレジットカードとしての機能を使う気がありませんでした。

しかし、ポイントを早く貯めることを考えると、現金を使うよりクレジットカードを使ったほうが倍のポイントが貯まるわけです。

そこで、緊急用としてではなく現金を通帳に残して、なるべくそのショッピングモールでクレジットカードを使って買い物をするようになったのです。そうすると、これまで現金だけでポイントを貯めていた頃よりもぐっと短い期間でたくさんのポイントを貯めるようになりました。

そのショッピングモールは、食材はもちろん、薬品、贈り物、洋服、靴、雑貨、家電、インテリア、ありとあらゆるジャンルのお店がありました。

クレジットカードで購入することでポイントを貯める事ができる対象商品も、その貯めたポイントを利用して安く購入できる商品も、様々なジャンルで活用することができたのです。

それまで口座引き落としにしていた携帯電話の支払いも、そのクレジットカードでの決済に変更しました。1人暮らしを始めてからは、水道、光熱費といった公共料金の支払いもクレジットカードでの支払いに統一したのです。

これだけで、さらにポイントを貯めるチャンスを増やすことができました。大型ショッピングモールは日本全国展開でしたので、1人暮らしをしてからも身近にあり、幸い今でも買い物は徹底してそのショッピングモールを活用してポイントを貯めたり、お得な買い物を続けることができています。

クレジットカードを持つことで、無駄遣いや衝動買いをするのではないか、という心配もありました。だからクレジットカードには興味がなく、所有しようとも思っていませんでした。その考え方が良い方向に働いたのです。必要がないクレジットカードを持たず、現金の代わりに使用するクレジットカードを1枚に限定することで、たくさんのポイントが貯まりました。結果的に、より早く、よりたくさんの値引きという恩恵を受ける事ができたのです。

クレジットカードには様々な種類のポイントが貯まるようになっていますね。 ポイントが貯まればお得になるのに、ポイントがなかなか貯まらない。という方は、使うクレジットカードを1枚に限定してみると早いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る