クレジットカードを利用する際に求められるサインは、不正使用防止のために重要な手順の一つでもあります。

クレジットカードを利用する際に求められるサインは、不正使用防止のために重要な手順の一つでもあります。クレジットカードを利用する際に求められるサインは、不正使用防止のために重要な手順の一つでもあります。

ところが、その手順を飛ばしてサインレスを実現させているシステムがあります。

それは、最近になって普及してきた暗証番号による本人確認です。

暗証番号はクレジットカードの所有者とカード会社のみが把握しており、それらが一致しなければクレジットカードを利用できません。

これは、サインよりも不正使用防止のためにはるかに有効な手段と言えます。暗証番号によるサインレスは、基本的にはICチップが埋め込まれたクレジットカードで活用することができます。

近年、クレジットカードやキャッシュカードを偽造する犯罪が多くなってきました。

これらは、カードの磁気ストライプに書き込まれた情報をスキミングという技術で読み取ったり、他のカードに移し替えたりして偽造カードを作り、悪用するという手口でした。そのため、カード会社側の対策として磁気ストライプを廃止し、ICチップに変えたことにより暗証番号システムに進化したのです。

しかしながら、磁気ストライプでもICチップでも問題となるのがその暗証番号です。

これは個人の自己管理に差が出てくるものではありますが、生年月日や電話番号など、第三者が容易に予測がつくような暗証番号の登録が日本人には多いのです。

いくつもの暗証番号の管理が面倒、どの暗証番号がなんの為だったかわからなくなる、といったことを避けたいという考えから、安直な暗証番号になってしまいがちです。

一番忘れにくい自分自身に関係する同一の番号を、クレジットカードやキャッシュカード、その他暗証番号が必要な事柄すべてにあてはめる傾向がまだまだあるのです。

これは、日本人の危機感の薄さが際立っているように思えます。自分がまさか偽造カードの被害にあうとは、夢にも思わないのです。

そういったことを防ぐためにも、2005年に施行された預金者保護法の流れから積極的に定期的な暗証番号の変更や予測されにくい番号設定を呼びかけるカード会社や金融機関がほとんどですが、未だに浸透していない現状があるのです。

キャッシュカードやクレジットカードのスキミングによる犯罪は、情報のみを盗まれてカードそのものが手元に残る為に発覚が遅れがちです。

気付いた時には損失額が大変なことになっている、というケースが多いのです。

あなたは、自分のカードの情報が抜き取られていないという自信はありますか?ATMにカードを通した時、それは本当にそのATMの投入口でしたか?

以前、ATM投入口にスキミングの端末が設置され、気づかず情報が読み取られて不正使用されたという事件が多発したことがあります。

また、特定のATMに監視カメラを設置することで暗証番号を入手し、スキミングにより偽造カードを作られたことで貯金全てを奪われた、という事件もあります。

あなたの暗証番号は、1度でも変更を行ったことはありますか?

誕生日や電話番号以外にも、自分に関係する数字はいくらでもあるのです。

車のナンバーや、結婚記念日、趣味にまつわる数字でもいいでしょう。

少しでも管理に工夫を試みるだけで、起こり得る損失を防ぐことが可能になるのです。

最近では、銀行口座の預金管理や振り込みなどの取引もインターネットで可能となっているため、より暗証番号を必要とする機会は増えています。

しかし、インターネットではウィルスやハッキングにより金融機関から口座情報を手に入れたり、インターネット上の金融機関の取引ページに見せかけて正規の持ち主から暗証番号を取得するようなフィッシングといった犯罪も多発しています。

金融機関側も対策として、取引額や回数に制限をかけたり、1分毎に変わるランダムな数字の入力がなければ取引を不可能としたり警告を出したりと対策は様々です。

偽造カードやインターネットによる情報の流出による損失を防ぐために私たちができる事は、こまめに暗証番号やパスワードを変更したり、第三者の予測のつかない番号の登録をしておくことです。

また、偽造カードやフィッシングの手口を知っておくことで、実際に情報を読み取ろうとする手口と直面した時に違和感に気付く事も出来ます。

もしかして、と思えなければ簡単に情報もお金も奪われることになります。

あとは、口座取引やクレジットカードの利用明細のチェックを定期的に行うこと。身に覚えのない利用や取引があれば、すぐに該当カード会社に通報しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る