クレジットカードは、現金のかわりに買い物ができる支払いツールのひとつ

クレジットカードは、現金のかわりに買い物ができる支払いツールのひとつクレジットカードは、現金のかわりに買い物ができる支払いツールのひとつです。

クレジットカードを利用すると、見えない所でお金や仕事が発生しています。まずお店は、使われたクレジットカードのカード会社にお金を立て替えてもらいます。

その為の手数料をお店はカード会社に支払います。

カード会社はお店に立て替え金を支払い、ひとつのクレジットカードによって立て替えた金額の合計を、カードの持ち主に請求します。

クレジットカードを使った人間は、後日まとめて立て替えてもらった金額を支払います。関与するそれぞれの会社でお金が動き、業務が発生しているのです。

カード会社の重要な仕事の一つに、回収業務というものがあります。

これは単純に、ショッピングなどの買い物代金でカード会社が立て替えたお金や、キャッシングで貸し出したお金の回収です。

一般的には契約書面で規定された支払い日に、指定口座から引き落とす形で回収しています。

ところが、指定口座の残高が不足している場合には引き落としができないので回収できません。

こういった場合には、契約者にまず書面で通知をするカード会社がほとんどです。口座引き落としができなかった場合は、契約者がカード会社の指定口座に振り込むように通知されるのです。

実は、カード所有者の何らかの理由で、カード会社がお金を回収できないという事は少なくないのです。

口座にお金の準備が間に合わなかった、気がついたら期日を過ぎていたという「うっかり遅れ」がほとんどのようですが、理由は様々です。

予定外の出費があって口座へのお金の準備が間に合わなかった、あてにしていた収入がなかった、事故で働けず収入が途絶した、などカード所有者の経済状況の変化によって軽度から重度のものまで色々な理由があるのです。

「うっかり遅れ」であれば、書面通知、電話連絡等で解決する軽度の遅延ということになります。

重度になれば、それこそ所有者本人の支払い能力に影響が出るほどの事故や病気、不本意な失業などがあります。

こうなると、回収するためには事情により個別での対応が必要となります。

カード会社としては、回収が出来なければ意味がありません。多くの場合、支払い期間は長期間になりますが、一回の支払額を少額にすることで利用者負担がなるべく軽くなるように措置がなされます。

ただし、支払い能力があるにも関わらず意図的に支払わない場合には、サービスや商品に問題がない場合に限り法的手段によって支払いを求めます。

こういった回収業務に関しては、自社で行う場合と外部に委託する場合の二通りにわかれます。

アメリカは日本よりクレジットビジネスを分業化しており、回収専門の会社が委託を受けて回収業務をします。

カード会社は、回収のための業務にはあまり力を入れず、うまく回収できない債権を業務委託するのです。委託した回収専門会社が回収できなかった時は、さらに別の専門会社に回されます。

専門会社に委託すると手数料がかかり、回収困難な債権はそれに比例して手数料も高くなるのです。

カード会社としては、手数料が高くなっても回収しなくてはいけないのでこのビジネスが成り立っているといえます。日本では、法律的にサービサーという回収専門の会社が認められるようになりました。

サービサーは、本来支払う意思がある人とは全く関与が発生しない会社ではありますが、事情の説明もなく不払いを続けているとその債権がサービサーに委託されます。

カード会社は、やむを得ない経済事情の変化から支払いが遅れる、という時に個別の対応が可能です。

事情はきちんと相談してみましょう。知らんぷりをしていても、カード会社にはビジネスとして必ず回収するためのシステムがあることを知っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る