クレジットカードの署名の機会は、きれいである必要がないのでストレスにするより楽しんでしまいましょう

クレジットカードの署名の機会は、きれいである必要がないのでストレスにするより楽しんでしまいましょう大人になって、字のうまい、へたがコンプレックスになる人は多いと思います。

なぜ大人になってからコンプレックスに感じ始めるのかと言えば、誰かに提出したり、見られたりするものに字を書く必要があり、そういった機会が増えるようになってくるからです。

子供の頃であれば、ノートを取ることで字を書いたりします。ノートは自分の為に書くものなので、自分が何を書いているのかを理解できればへたでもよかったのです。

大人になって手帳にメモしたり、走り書きをする場合にも同じ事が言えます。

自分がわかればいいだけの時は字のうまい、へたを気にする必要がありません。

しかしながら、大切な書類への署名、何かしらの申請用紙、冠婚葬祭の記名は人に見られます。しかも走り書きやメモと重要度合いが違います。

こういった、自分の名前を署名する機会は大人になってから経験することが増えます。そこで他の人の字と自分の字を見比べてしまい、もっと字を練習しておけばよかった、と思う人が多いのです。

しかしながら署名をする機会というのは、人それぞれのライフスタイルにより異なります。

想像してみましょう。

専業主婦の方と会社の役員の方では、その名前が必要な書類の数というものが違います。

専業主婦の方は、おそらく自分か家族にまつわる事柄で署名をする機会が多い事でしょう。会社の役員の方であれば、ご自身にまつわる書類に関わらず、会社がその人の名前の入った書類が必要となるのです。

これは、署名が持つ効力が関係してきます。

直筆で名前が書いてある事により、その書面には名前を書いた人の意思が反映されたものである、という証明になるのです。その証明をする機会が多い人ほど署名をする機会が多いということになります。

年齢や職業に関わらず、生活の一部に署名が必要となる場面が多い人もいます。

それは、クレジットカードを使う機会が多い人です。クレジットカードで支払いをすると、店舗控え、カード会社控え、お客様控え、という3種類のレシートが発行されます。

このレシートには、利用日、店舗名、金額、支払い方法等の情報が記載されています。

そして、カード会社控えには署名欄があるのです。これは、自分の意思でこの金額分をカード決済しました、という本人確認と証明のために必要な署名なのです。

この場合の署名というものが、字のうまい、へたを気にする方にとってはコンプレックスをつきつけられる機会のひとつでもあるのです。

せめて書類や祝儀袋への署名であれば、なんとか丁寧に書くための時間と心のゆとりを持つ事ができるものですが、カードの利用控えの場合そうはいきません。

レジでの出来事ですから、署名をするときはその場を立ち去る直前であったり、後ろに人が並んでいるかもしれません。無意識に、手早く署名を終わらせようとすると、なかなか不格好に自分の名前が署名欄に並ぶ羽目になったりします。

そこで自分の字を見て、少し情けない気持ちになる人がいるかもしれませんが、私もその一人です。

クレジットカードの利用控えというのは紙面もつるつるとすべりが良く、ボールペンがすべってしまい思ったより上手な字が書けないのです。みなさんにもそういった経験はないでしょうか?

もし、少なからずきれいな字で署名ができれば、と思う方は是非試してみてほしい事があります。

私は、きれいに書こうと思うから残念な気持ちになっていました。

しかし、クレジットカードのレシートの場合はきれいである必要はないということに気付きました。 自分が使った確認と証明であればいいので、署名をするという機会を楽しんでしまえばいいと思ったのです。

子供の頃、憧れの芸能人やタレントの真似をして自分のサインを作ったりしたことはありませんか?それと同じです。手早く書けて見た目がかっこいい、自分なりのサインを作ったのです。

これはもちろん、クレジットカードのレシートでのみできることですが、自分のサインを格好良くさらさらと書くというのは案外気持ちいいものなのです。

クレジットカードの利用控えの署名は漢字でなければいけない、という決まりはありません。海外でクレジットカードを盗まれた場合に、外国の人が真似がしにくいという安全性を考えると漢字が好ましいので漢字を使うことが推奨されているだけなのです。

コンプレックスと向き合うと、少なからずがっかりした気持ちにさせられます。

そういった場面に触れる機会が多ければ多い程、小さなストレスとして積み重なってしまいます。字のコンプレックスは、練習で克服することもできます。

クレジットカードの署名の機会は、きれいである必要がないのでストレスにするより楽しんでしまいましょう。

日常の些細な一コマでの出来事を、ストレスのもとにするよりは気楽なものにしてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る