クレジットカードの審査が通りにくい顧客は少なからず存在します。その理由とは?

クレジットカードの審査が通りにくい顧客は少なからず存在します。その理由とは?最近では、業種に限らず様々なジャンルのカード会社が発行するクレジットカードがあります。

カード会社は自社のクレジットカードを選んでもらうためにあらゆる顧客をターゲットにサービスの提案をしますが、消費者側の中で生じる魅力の一つに、審査がゆるい、といったフレーズを聞くことができます。

これを魅力と表現することが正しいかは疑問ですが、審査が通りにくい顧客は少なからず存在します。

その理由は様々ですが、そういった人には審査のゆるさというのは魅力の一つになり得るでしょう。そこには、審査とは何なのか、クレジットカードを所有することの意味が何なのかが密接に関係してきます。

クレジットカードを持つことができる人には、社会的信用があるとされています。

クレジットカードを作ることができないということは、社会的信用がない、と思われるのです。

クレジットカードは、現金の代わりに商品やサービスの代金の支払いをするツールとして利用されます。

ここには、後払いができる収入状況であるという消費者の信用を基にした、消費者とカード会社の契約があるからです。

カード会社は一時的に消費者の代わりに代金の支払いを行うので、消費者がきちんと支払いができるか、といった支払い能力というものを契約の際重要視します。

ですから、支払い能力のない、もしくはきちんと支払いをするといった信用がない人にはクレジットカードは発行されません。

こういったクレジットカードの発行条件から、なんらかの理由で支払い能力や支払いの責任に対しての信用が低い人はクレジットカードを所有できない、といった社会的通念が存在するのです。クレジットカードは、所有する人の信用の証なのです。

カード会社は、加盟店に対して安全で確実な決済システムを提供します。

消費者には決済業務に関して立て替えと引き落としという形でサービスを提供します。加盟店と消費者の間でカード会社が果たす社会的な役割は、絶妙なバランスで存在しています。このサービスを正確に提供するためにカード会社はサービスの参加者にある一定の条件を設けます。これが信用調査、いわゆる審査の目的なのです。

本来、信用を基に成り立つビジネスとして存在していた銀行の融資は、不動産などの担保を消費者個人の信用に変わって必要とされていました。

不動産は価格が下がらない価値があるものとして、融資の回収に対する絶対的な信用があったのです。

対して、クレジットカードは消費者個人の信用が全てであるため、企業を相手に回収するよりもあてにならない部分があります。

そこで、消費者の社会的信用というものを担保にしているこになります。担保が不動産であれば、不払いが生じたときに差し押さえられるのはその不動産です。

クレジットカードは、対象が消費者であることからそれほど大きな額ではありませんが、支払い不能となった時にその人の信用が取り上げられることになります。

不動産のように目に見えるものではありませんが、社会的評価にあたる信用の価値を無形の担保としてクレジットカードのビジネスが成り立っているのです。

クレジットカードと同じように消費者の信用を基に行われているビジネスとして、車や住宅といった、高額な商品の購入や特定のサービスに利用されるショッピングクレジットや消費者金融といった様々な形態のものが存在します。

これらも消費者の信用により遂行されるサービスです。クレジットカードは一度所有されると、その用途も消費者に一任されるのでカード会社から使い方について干渉されることはありません。

ショッピングクレジットは、契約において用途や目的がはっきりしています。

消費者の信用だけでなくショッピングクレジットの利用の目的もはっきりと明確になります。この時、消費者本人の支払い能力に対する信用に問題がなかったとしても、利用目的や販売方法等に関して不自然な点がある場合にはショッピングクレジットの契約を結ばないといった事も起こり得るのです。

ショッピングクレジットのクレジットカードと大きく違う点は、特定の商品やサービスに利用されるために信用が必要であり、利用目的も不自然な点があってはならないという所です。

どちらにせよ、不動産と違い個人の信用という眼に見えないものを担保に遂行されるサービスであるため、信用調査は重要な判断をするものとして必要な業務なのです。

個人を対象としているため、クレジットカードの発行をする時の信用力はもちろんのこと、その利用状況による支払い方や時間の経過による信用の変化というものも調査の対象となります。

初めてのクレジットカードを発行する時点で問題がなかった信用力でも、実際にサービスを利用し続けている中で信用が下がってしまえば、クレジットカードを継続的に所有できなかったり、次に別のクレジットカードを発行する時に信用がないとみなされることがあります。

クレジットカードを発行されないということは、収入や担保となるもの、本人の支払い能力といった社会的信用がないことをダイレクトに意味することになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る