クレジットカードの加盟店であるということは、信頼できるお店として消費者としても安心しがちです

クレジットカードの加盟店であるということは、信頼できるお店として消費者としても安心しがちですインターネットショッピングは、今では私たちの日常で身近なものとなっています。

その支払いには、振込や代引きなど様々な方法があるのですが、中でもクレジットカードで決済をする人が多くなっているように思います。中には、支払い方法をクレジットカードのみに限定するサービスもあります。

そういったインターネットショッピングやインターネットを介したビジネスの普及に伴って、クレジットカードという現金に代わる支払いツールはなくてはならない存在ともいえるのでしょう。

インターネット上でのやりとりでは、その取引先の信頼性というものはかなり重要な部分になってきます。お金を支払ってきちんと品物を送ってくれる相手かどうかなど、インターネットでは相手の信頼性の確認のしようがないのです。

これは現実での販売取引やお金のやり取りが生じる部分においても同じ事で、取引を行う相手への信頼があってこそ成り立つものがあります。

現金より高い金額のやり取りが手軽に行えるクレジットカードを使う場合は、インターネット上に限らずあらゆる場面で相手への信頼度合いが重要ともいえます。

現実的にクレジットカードは、飲食店をはじめ様々なジャンルのお店で利用することができます。お店側は、より多くの顧客を受け入れられるようクレジットカードを利用できるお店であるために、カード会社の加盟店になる必要があります。

加盟店となるには、カード会社の審査が通るお店であることが条件です。

カード会社としては、加盟店に倒産や夜逃げなどのリスクがあっては困るので、一定の基準をクリアできているかの審査をします。

業種によって審査内容は様々ですが、経営状態や資産、業務内容等の企業情報等を調査します。

この為、審査が通ってカード会社の加盟店になっているということは、信用できる会社やお店であるという安心材料になるのです。

もちろんカード会社としても、極端にいえば麻薬取引のような完全に非合法取引を行うお店や会社を加盟店にするわけにはいきませんので、加盟店の管理には細心の注意を払います。

しかしながら、クレジットカードの所有者が利用できるお店は多いほうが、利便性がいいという理由で選ばれる魅力の一つになります。

そのため、カード会社は使えるお店は増やしたいのです。

ところが、カード会社の収益源となる加盟店手数料は競合により値下がりが起こり、結果的に管理を充分にすることができずに加盟店としては相応しくないお店や会社もまざってくるのです。

クレジットカードの加盟店であるということは、信頼できるお店として消費者としても安心しがちです。

しかし、カード会社の管理が聞き届きにくい現状では、中にはサービスに対して法外な金額を請求する、いわゆるぼったくりバーのようなお店も加盟店になっていることがあります。

そこには、加盟店とカード会社を仲介する業者など新しいビジネスも出現したことで、さらにカード会社の加盟店管理が十分に行き届かないという現状が理由の一つとしてあるのです。

結果的に自社のカード所有者に不利益が生じる事を防ぐためにも、カード会社は加盟店の違法行為を認め次第その都度契約解除という対策を徹底しています。

しかしながら、一つのビザやマスターのライセンスを持つカード会社が一つの加盟店と契約している他国と違って、日本では一つのカード会社が複数のライセンスを持っていたり、お店側が複数のカード会社の加盟店となっています。

そのため、ひとつのカード会社から契約を解除されたとしても、ビザやマスターは何の影響もなく継続して使い続ける事ができる加盟店もあるのです。

クレジットカードの歴史的な発展において、日本ではその文化の違いからも独自のルールやシステムが導入されています。お金に変わるクレジットカードは当然に悪用の対象となってしまうのですが、日本独自のルールが根本的な問題解決につながらないという状況です。

そこでインターネット上では、本来他国が取り入れているのと同じように、一つのカード会社に一つの加盟店、というシステムも増えています。

そういった意味では、街中でどのクレジットカードでも使える利便性があるお店よりも、インターネット上で一つのカード会社が契約している加盟店のほうが信頼度は高いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る