あなたがお金を貸すという行為をするのであれば、相手にどんな条件をもとめますか?

あなたがお金を貸すという行為をするのであれば、相手にどんな条件をもとめますか?もし、あなたがお金を貸すという行為をするのであれば、相手にどんな条件をもとめますか?

誰にでも無条件でお金を貸すということはないと思います。

金の切れ目は縁の切れ目と言われるほど、人間関係をこじらせる原因となりえます。

お金に関わるところは、ビジネスであれ個人間のやりとりであれ、誰しもシビアな感覚があるのです。

それでも貸してほしい、と言われた場合には多くの人が色々なことを考えるでしょう。

金額に関わらず、まず返す予定が明確であるか。

要は、今はないけど今後収入の見込みが確実であるかが重要です。そ

れがなければ、返すお金が入る保証がないわけです。返ってくるかわからないお金を貸すわけにはいきませんよね。

大前提として、返ってくる保証があり、あとは貸す相手との信頼関係や、付き合いの長さから知る相手の誠実さにより、条件や期日の約束など双方で様々な決め事がでてくるものと思います。

消費活動以外のお金をのやりとりはとてもシビアなものであって当然なのです。

このやりとりをビジネスとしているのが、消費者金融やカード会社にあたります。

代金を立て替えたり、前倒しでお金を引き出せるキャッシングは、ひとまずカード会社からお金を借りていることと同じ事で、カード会社はお金を貸していることになります。

それも、契約をした相手にあらゆる金額で。考えてみるとすごいことだなと思いますが、そのために交わす契約の相手の信用調査はかなり重要です。

書面上の収入の見込みや担保が契約の時点で必要となります。

まず、大前提の返せる保証というものを確実にするわけですね。さらにカード会社が明確にしたい重要な部分というのは、契約書に記載されている人間が契約を交わす本人であるかどうかということ、書面上の収入見込みが本当であるかという点です。

友人と違って利用する人のことはよくわからない知らない人ですから、書面上のことが真実であるという保証も必要となるわけです。

お金を貸す相手を面接するわけでもなく書面上の契約のみで決めてしまうため、その契約書の内容が真実であるということを明確にすることは信用調査の重要な役割です。

契約に関して虚偽記載があった場合には、カード会社は回収ができず不良債権を溜め込むことになります。

会社として絶対にあってはならないことです。

しかしながら契約さえできれば、カード会社や消費者金融はお金を貸すことが商売なのです。そこで、架空の人物を作り上げたり、まったくの別人になりすまして契約を交わしてお金をだまし取る詐欺犯罪が発生してしまうのです。

もともとはテロ対策として、不正に開設された銀行口座でのお金のやりとりを防ぐために 2003年に本人確認法というものが施行されました。

この法律は、銀行のみならず金融取引全般が対象となる法律であるため、キャッシング機能を付帯したクレジットカードにも適用されます。

クレジットカードの発行に限らず、本人確認の証明をしようとする時に運転免許証の提示をする事があると思います。まさにこれが本人確認法にあたるものなのです。

細かく言うと、カード会社がクレジットカードを発行する場合には、公的な身分証明書を確認するものとされています。

しかし、公的な身分証明書や免許証さえも偽造されてしまえばこの本人確認も無意味と言えるでしょう。

公的な身分証明書では、契約書の人物の情報と公的文書の情報が一致しているか否かの確認ができたということにはなります。

それでは、収入の見込みに関してはどうでしょう。必ず本人と面接をして確認をするというのは効率を考えてもベストな方法ではありませんよね。

そこで、多くのカード会社は在籍確認という方法を用いているのです。

在籍確認とは、契約書に記載された職場や自宅への電話によって本人が実在しているか確認をするものです。

クレジットカードの発行に要する条件は定期的な収入があることが原則なので、特に職場への在籍確認は最も有効な方法となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る